拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

家族3人の家

あなたへ

 

近頃の私は、なんだかとてもフワフワとしたまま、

あなたのことばかりを考えてしまいます。

 

先日、あなたの夢を見ました。

 

ここではない何処かへ引っ越した我が家。

家の裏側の玄関を開けると、公園へと続く小道のある素敵なその家で、

あなたも一緒に、家族3人で暮らす夢でした。

 

ここよりも広く、素敵な家の中、

ピッタリとくっついたまま、

私の側を離れようとしなかったあなたは、なんだかとても可愛いかった。 

 

あなたが家にいるだけで、

なんだかとても安心できる、あの感じ。

 

あなたがすぐ側にいるという、あの感覚。

 

私にとっての当たり前だった、あなたの側という場所で、

私は、とても安らいだ気持ちで、夢の中を過ごしていたんでした。

 

いつもなら、あなたと過ごした夢から覚めると、

素敵だったなって夢を反芻しながらも、

現実へと戻ることが出来る私ですが、

なんだか、今回は、そんなふうにすることが出来ず、

あなたのことばかりを考えてしまいます。

 

あんなに側にいたのにな

 

いつでも優しく微笑んでくれるあなたの遺影に向かって、独り言。

 

あなたは今、何を想っていますか。

 

私は今、あなたのことを想っています。

 

夢の中、私の側を離れようとしなかったあなた。

できれば、もう少しだけ、

家族3人のあの家で、一緒に過ごしていたかったですね。