拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

風邪引きの夜

あなたへ

 

私が次に体調を崩すのは、きっと、随分と先になるだろう。

なんて、私は、何の根拠もなく、自分の体を過信し過ぎていたようです。

 

あなたを見送り、

初めて体調を崩した昨年の秋。

 

あの子に心配を掛けてしまうから、

私は、絶対に体調を崩してはならないと学んだにも関わらず、

また体調を崩してしまいました。

 

あれから、まだ半年も経っていないというのに、

なんということでしょうか。

 

気のせいでは片付けることが出来ない程の、体調の悪さに、

思わず、ため息が出てしまいます。

 

やっと、今日が終わった。

体調が悪い日だけは、こんなふうに感じてしまいます。

 

こんな時は、少しだけ、あなたに甘えてみたくなる。

 

りんごジュースが飲みたいな

なんてさ。

 

ちゃんと、早く寝るからさぁ、

今夜は、側に居てくれませんか?