拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

この世界の美しさ

あなたへ

 

厳しい寒さを通り過ぎて、

こちらでは、すっかり暖かくなりました。

 

満開に咲いていた桜の花が少しずつ、緑色へと変わる姿に、

季節の始まりを感じます。

 

日々の生活の中、よく周りを見渡してみれば、

ピンクや赤、黄色、白と、色とりどりの景色へと変わりました。

 

若い頃から、草花には、あまり興味がなかった私は、

まるで、始めて見たものを見るかのように、周りをよく見渡しながら、

改めて、この世界の美しさを感じました。

 

寒い時期を越さないと、桜の花が咲かないことを、

あなたは、知っていましたか。

 

私は、先日、初めてそんなことを耳にしながら、

此処にあるものは、全て、

よく出来たものだと、思わず感心してしまいました。

 

ねぇ、あなた。

この世界はね、とても美しい。

 

そんなことを感じることが出来るようになったのは、

やはり年を重ねた証拠なのでしょうか。

 

あなたよりも、ひとつ年上になった私は、

此処に初めからあったものの美しさに、ようやく気付くことが出来ました。

 

これまで見えていなかったものが、

またひとつ、見えるようになった私は、幸せなのかも知れません。

 

またひとつ、私の手の中に、

幸せのカケラを、拾い集めることが出来ました。