拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あの子の策略

あなたへ

 

あの子の携帯電話の調子が悪くなったのは、

年が明けてからのことでした。

 

突然に、通話が出来なくなってしまったあの子の携帯電話。

試行錯誤しながら、

一度電源を落とせば、少しの間だけ、通話が出来るようになることを確認しました。

 

早めにメーカーに問い合わせた方がいいよ

 

そんな私の言葉に、

 

取り敢えず、まだいいかな

 

なんて、すぐに対応しようとしなかったあの子。

 

私は、知っていました。

あれは、あの子の策略だということを。

 

前回、携帯電話の機種変更をしてから、

今年の3月で、丁度、2年が経ちました。

 

2年が経てば、機種変更をしてもらえる可能性が高まる。

故に、直さない方が、絶対に新しい携帯電話を買ってもらえる。

あの子は、きっと、そう考えたはずです。

 

案の定、3月に入ると、

新しい携帯電話が、どんなに素晴らしいものであるかを力説し出したあの子。

 

周りの友達は皆、新しいiPhoneを持っていて、

出来れば自分も欲しいことを、そっと付け加えながら、写真機能への賞賛。

写真を撮るのが好きなあの子にとって、

それがどんなに魅力的な機能であるかを説明しながら、

お母さんも写真が好きだから、同じ機種に変更しよう。

いや、絶対に買うべきだと、強く勧めてくれたあの子に、上手く乗せられながら、

先日、新しい携帯電話を購入しました。

 

あなたを見送ってから、これで2度目の機種変更ですが、

機種変更の度に、話題になるのは、

家族3人で、初めてiPhoneへと変えた日のことです。

 

使い方が分からずに、家族3人で、アタフタしながら、

パソコンで使い方を調べたあの頃、

とても楽しかったですね。

 

思えば、あの、初めてiPhoneを手にした時が、

一番ワクワクしていたように思います。

 

きっと、これから先も、携帯電話の機種を変更する度に、

あの日のことを思い出しては、

思わず、笑ってしまうのでしょう。

 

さて、新しいiPhoneですが、

あの子も私も、とても気に入りました。

これまでのものよりも、重さがありますが、直に慣れるのでしょう。

 

顔認証を備えたシステムには、とても驚きました。

あの頃のあなたが知ったら、

どんなふうに驚いたのでしょうか。