拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

令和最初の日の出来事

あなたへ

 

丁度、5年前。

家族3人で、

最後に過ごしたゴールデンウイークを、覚えていますか。

 

海に行きたい

そんな私のリクエストに応えてくれたあなた。

 

岩場で、イソギンチャクや小魚を観察しながら、

初めて海にいるヒトデを見つけた私たちは、大興奮でしたね。

水族館でしか見たことなかったよ って。

 

この時期にしては、肌寒かったあの日は、曇り空。

 

寒くて頭が痛くなった

もうすぐ雨が降ってくるから、早めに車に戻っておいでね

 

そう言い残して、あなたは先に車へと戻って行きましたね。

 

寒いよりも、楽しい方が大きかったあの子と私は、

それから暫くの間、海を楽しんでから、車内へと戻ると、

間もなくに、大粒の雨が降ってきたんでした。

 

先日、令和最初の日は、

あの子と一緒に、色々なところへ遊びに出掛けました。

 

遅めに取った昼食の後で、

あの子の提案から、海へ出掛けることになりました。

 

私にとっては、5年前、3人で行った以来の海でした。

 

あの日の天気は、朝から曇り空。

日中は、気温が高かったものの、夕方には肌寒い気温に。

 

渋滞に巻き込まれながら、

漸く、海へ到着すると、途端にパラパラと雨が降り出しました。

 

それでも、せっかくだからと、車を降りると、

雨に当たりながら、短い散歩を楽しみました。

 

寒すぎる!

そう言いながら、あの子と2人で、車内へ戻り、

フロントガラスに当たる雨を眺めながら、

5年前、家族3人で海へ出掛けた日の話をしました。

 

覚えてるよ

お父さんが、寒くて頭が痛くなって、先に車に戻ったよね

あの後、近くのショッピングモールへ着いたら、

急に強い雨に変わってさ

 

海へ行きたい

あなたを見送り、暫くが経った頃から、

そんなふうに思いながら、なかなか機会がなかった私が、

5年振りに海に行くことが出来た日は、

最後に海へ行った日と、よく似た天気の日でした。

 

あの頃と違うのは、

私よりも背が高くなったあの子と、

此処にいないあなた。

 

そんなふうに考えていましたが、

本当は、そうではなかったのかも知れません。

 

それは、あの日の食事前の車内での出来事。

 

眠くなったと20分だけ仮眠を取ったあの子は、

今、お父さんの夢を見たよと言いながら、起き出しました。

 

このイビキは誰だ?

そう言って楽しそうに笑うあなたの声と、

この子のイビキよ

と私の声が聞こえて、目が覚めたと話してくれました。

 

あの時は、

笑ってあの子の話に耳を傾けていましたが、

今、思い返してみれば、

あなたは、あの日、すぐ側にいてくれたように思います。

 

小さな寝息を立てるあの子に、

誰だ?なんて、あなたらしい言葉と、

最後に3人で海へ行った日と、よく似た天気。

 

私たちはあの日、

あなたのことを想いながら、1日を過ごしていました。

 

あなたは、そうと気付かれないように、

細心の注意を払いながら、

こっそりと、

私たちと一緒に、

新しい時代の始まりを見ていたのでしょうか。

 

思い返せば、

不思議なことが重なった、令和最初の日の出来事。

 

きっと、側にいてくれたあなたのお陰で、

忘れられない素敵な1日になりました。