拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

いつかの公園

あなたへ

 

携帯電話の機種を変えた私たちは、

そのカメラ機能を存分に楽しむために、

連休中には、絶対に公園へ行こうと話し合っていました。

 

いつもは行かない公園に行こう

きっと、お母さんが気に入る場所だと思うよ

 

そう言って、あの子が案内してくれた公園は、

いつか、あなたが連れて行ってくれた公園でした。

 

あれは、あの子がまだ幼かった頃。

 

私が気に入りそうな公園を見つけたと、

あなたが一度だけ、連れて行ってくれた場所。

 

あの頃、あなたと幼いあの子と、家族3人で見た景色を眺めながら、

あの日のことを思い出していました。

 

少し肌寒い夕暮れ時、

幼いあの子の歩幅に合わせて、ゆっくりと歩きながら、

素敵な場所だねと話したこと。

 

今度は、もっと早い時間に、

ゆっくりと散歩したいねと話したこと。

 

外国のお庭のようなデザインのその場所を、

一目で気に入った私でしたが、

道も、公園の名前も分からないまま、

日々の忙しさから、いつの間にか、記憶の隅に置き去りになっていたあの公園。

 

あれから、二度と行くことがなかったあの場所は、

あの頃のまま、とても素敵なところでした。

 

中学生の頃に、

自転車で、友達と来たことがあると話してくれたあの子には、

家族3人で、あの場所を散歩した記憶は、残ってはいませんでした。

 

不思議ですが、あの頃のあなたが、

きっと気に入るはずだと連れて行ってくれた場所へ、

今度は、あの子が同じように、

私をあの場所へと、連れて行ってくれました。

 

きっと、気に入ると思うよ

 

あの頃のあなたと、同じことを言いながら。

 

 

今年のゴールデンウィークは、

例年よりも、長いお休みだったこともあり、

あの子と、たくさんの時間を過ごせたように思います。

 

あなたと一緒に過ごした場所へ連れて行ってくれたあの子のお陰で、

またひとつ、あの頃の幸せのカケラをみつけることが出来ました。

 

夢のような連休は終わりを迎え、

また、日常生活が始まりました。

 

毎朝、起こすのが大変なあの子との戦いや、お弁当作り。

 

バタバタと過ぎる朝も、

ホッと一息をつけば、寝る時間になってしまう短い夜も、

どんなところにも、きっと、

小さな幸せのカケラは、待っていてくれるのでしょう。

 

1日1日を大切に、

いつも通りの日常に隠れた、小さな幸せのカケラを拾い集めながら、

ここからまた、ゆっくりと、歩んでいこうと思います。