拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

今、私がやるべきこと

あなたへ

 

恋人がいない時や

出会いがない時は

自分磨きをしなさい

 

そんな言葉があるでしょ?

 

私は今、次にあなたに会えた時に、

とびきりのいい女として出会うために、自分磨きに精を出しています。

 

なんて言ったら、

あなたは、どんな顔で笑うのでしょうか。

 

私たちが、再び、生まれ変わり、

出会った日のことを想像してみて?

 

ずっと、ずっと、先の未来。

 

別々な場所で生まれ育った私たちが、初めて出会うのは、

きっと、あの日によく似た暑い夏の日。

 

その日の空には、

眩しい太陽と青空によく似合う、可愛い雲が浮かんでいるの。

 

あの夏と同じように、偶然を装って出会った私たちは、

まず初めに、どんな話をするのでしょうか。

 

その声も瞳も、初めてのはずなのに、

この人だって感覚は、きっと、あの夏よりも強く、

私はあなたに、すぐに惹かれてしまうのでしょう。

 

その時のあなたは、どんなことを考えているのだろう。

 

あなたの瞳には、私は、どんなふうに映るのでしょうか。

魅力的に、見えるでしょうか。

 

いえ、魅力的でなくてはなりません。

 

だって、またあなたの口から聞きたい言葉があります。

俺と付き合ってって、あの時みたいにね。

 

出会って、たったの数時間で、そんなことを言うなんて、

なんて軽い人なんだろうって、

私はきっと、あの時と同じことを考えながらも、

あなたの言葉に頷き、

きっと、この人が最後の恋の相手だと確信するのでしょう。

 

そうして、その瞳を真っ直ぐに見つめた私に、

あなたは気付いてくれるでしょうか。

この人が、運命の人に違いないと。

 

なんて、こんなことを言ったら、

あなたに笑われるのでしょうか。

 

いや、それはどうかな

 

なんて、ほんの少し、首を傾げながら、

今にも吹き出しそうなあなたの顔が浮かびます。

 

でも、私たちの再会の日には、

そんなこと、言っていられないかも知れませんよ。

 

だって、その時の私は、

あなたがこれまでに会ったこともないような、

史上最高のいい女だもの。

 

きっとあなたは、私を誰にも渡したくないはずよ。

 

なんてね。

 

精一杯、強がってみる。

 

本当はね、

今すぐ、あなたに逢いたいんだ。

 

その温かな手を、今すぐに感じたい。

 

あの日、桜の木が並ぶ土手の上で見かけた、

とても素敵な老夫婦を忘れることが出来ません。

手を繋いで、咲き始めた桜を眺めながらゆっくりと歩く姿は、

見ているだけで、温かな気持ちになりました。

 

本当は、あの日ね、

あの土手を歩きながら、

ほんの少しだけ、泣いてしまいました。

 

あなたに逢いたい・・・

 

俺も逢いたいよ

そう言ってもらえるような素敵な女性になれるように、

私は、この一生を掛けて、

自分自身を磨き続けようと思います。

 

きっとね、それが今、私のやるべきこと。

 

だから、きっと、

次にあなたと出会う私は、史上最高のいい女になっているはずだから、

絶対に、離さないでね。

 

 

www.emiblog8.com