拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

肩揉み

あなたへ

 

幼い頃、お爺ちゃんの肩揉みをした記憶があります。

 

上手だね

 

お爺ちゃんの背中越しに聞こえたその声が、とても嬉しかったことは、

大人になっても、時々、蘇った私の小さな思い出でした。

 

近頃、肩凝りが酷いあの子。

私なりのやり方で、あの子の肩が楽になるようにと、

心を込めて、肩揉みをしていたつもりでした。

あの頃、あなたにしていた時と同じように。

 

先日、あの子は、アルバイト先へ勤めている年配の女性に、

肩揉みをして頂いたそうです。

 

凄く上手なの

肩揉みしてもらっている間、痛くないんだよ

それでね、終わった時には、肩が軽くなって、凄く楽になったんだよ

 

アルバイトから帰ってきたあの子が、そんな話をしてくれました。

 

私のやり方とは違う、その女性の肩揉みは、

あの子の言葉を借りれば、

年季が入っているのだそうです。

 

どうやら、

私には、到底真似出来そうにない、技術が備わっている様子。

 

きっと、何十年も、ご主人の肩を揉んで来たんだね

経験が違うんだね

 

あの子とそんな話をしながら、

私は、あなたのことを思い出していました。

 

力仕事だったあなた。

 

マッサージをお願いします

 

そんなあなたの言葉に、

よくマッサージや肩揉みをしましたっけ。

 

楽になったよ

ありがとう

 

あの頃の私は、

そんなあなたの言葉に満足していましたが、

今頃になって、なんだか、不安になってしまいました。

 

私は、本当に、あの頃のあなたの疲れを、

楽にしてあげることが出来ていたのでしょうか。

 

あなたと結婚するまで、

肩揉みとは、あまり縁がなかった私に残る、

お爺ちゃんが褒めてくれた記憶。

 

よく考えてみれば、あの頃の記憶は、

孫可愛さに褒めてくれた、お爺ちゃんの優しさだったのでしょう。

 

何故だか、いつでも、

あなたの肩揉みをしながら、あの頃のことを思い出していた私は、

無意識のうちに、ほんの少し、自信を持っていたのだと思います。

 

そこそこ、上手に出来ているのだろう なんて。

 

今、思えば、私の肩揉みは、随分と未熟なものであったと思います。

 

何十年と、長い時間を掛けて、

いつの間にか、上達している

 

そういうものなのかも知れませんね。

 

思わず、あなたの顔を見ながら、小さく独り言。

 

今更だけど、下手で、ごめんね。

 

そんな私の言葉に答えるように、

こちらを見つめるあなたの顔は、なんだか優しかった。

 

時々、あの子にしてあげる以外は、

誰かの肩揉みをすることがなくなった私。

 

私は、この先、どんなに年を重ねても、その経験がないまま、

あの子が話してくれた女性のように、上手になることは、

きっと、ないのでしょう。

 

あなたを見送り、色々なことを学んできた私ですが、

こんなふうに、

あなたが側にいてくれないと、学ぶことが出来ないことも、

これから、たくさん見つけていくのだと思います。

 

日常の中、積み重ねる小さなこと。

 

もしも、あなたが側にいてくれたのなら、

今の私は、あなたの側で、

どんなことを積み重ねていたのでしょうか。

 

気付かぬうちに、

今の私には出来ないことが、出来るようになっていたのかも知れませんね。

 

きっと、今の私は、

あなたの側で、何かを積み重ねる私とは、

別な何かを、積み重ねているのでしょう。

 

生きている限り、ゼロにはならないその何かが、何なのか、

今はまだ、よく分かりませんが、

いつか、あなたに、胸を張って報告できるような、

素敵な何かを、積み重ねることが出来たらいいなと思っています。