拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ  -もしも-

もしもあの時

少しだけ運命が違っていたら

 

私は今 何をしていたでしょうか

 

その温かな手を握りしめて

私はあなたに 何を伝えたでしょうか

 

もしもあの時

少しだけ運命が違っていたら

 

あなたは今 此処で何をしていたでしょうか

 

あなたのすぐ側で 私は何を学び

今の私は どんな私だったのでしょうか

 

移りゆく季節を数え

空を見上げては

元気ですかと呟きながら

考えてしまうんだ

 

もしもあの時

少しだけ運命が違っていたらと

 

数えきれないもしもを思い浮かべながら

最後に願うのは いつでも

あなたが何処かで笑っていてくれますようにと

 

この愛は届いていますか

 

あなたを想い

空へと両手を伸ばしてみる

 

もしも今

私が思っているよりも

ずっと側にあなたがいるのなら

 

もう一度だけでいい

 

もう一度だけ

その頬に 触れてみてもいいですか