拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

財宝が眠る部屋

あなたへ

 

あの子が高校生になり、どのくらいが経った頃だったでしょうか。

 

それまでは、こまめに部屋の掃除をしていたあの子ですが、

徐々に掃除をしなくなり、汚部屋状態へと変わっていったあの子の部屋。

 

後で片付けるよ

 

そんなあの子の「後で」は永遠にやって来ないように思われましたが、

少し前に、部屋の大掃除をしました。

 

部屋の模様替えまでを楽しんだあの子は、

ひと段落すると、私のところへ封筒を持って来ました。

 

お母さん、見て

仕舞ったまま、忘れていたお金が出てきたよ

なんか得した気分

 

そう言って、笑顔で封筒から取り出した一万円札。

 

どうやら、アルバイト代を棚の隅へ仕舞ったまま、

長い間、忘れていたようでした。

 

私の目には、汚部屋にしか見えなかったあの子の部屋ですが、

あの日から、

あの子の部屋を、財宝が眠る部屋と名付けました。

 

掃除をすると、こんなに良いことがあるんだね

 

そんなふうに笑っていたあの子ですが、

あれから、少しの時間が経ち、

あの子の部屋は、また、元に戻りつつあります。

 

次回、あの子の部屋を大掃除する時には、

どんなお宝が見つかるのでしょうか。

 

あの子の部屋は、

汚部屋、ではなく、財宝が眠る部屋です。

 

次回は、驚くような宝物が、見つかるのかも知れませんね。

 

 

www.emiblog8.com