拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

心がこもった贈り物

あなたへ

 

あの子がアルバイトを始めた頃から、ずっと、

あの子のことを、とても可愛がってくれる方がいらっしゃいます。

 

度々、あの子へ、褒め言葉を掛けてくださるその方は、

此処に、あなたがいないことを知っています。

 

あの子への褒め言葉と共に、

 

お母さんの育て方がいいのね

 

いつでも、そんなふうに、

私のことまでもを、褒めてくださるそうです。

 

どんな時でも、

あなたと一緒に、子育てに向き合ってきた私。

 

何の覚悟も出来ないままに、あなたを見送らなければならなかった私は、

あの日から、

ひとりであの子と向き合いながら、

たくさん悩んだり、迷ったりしながら、ここまで歩んできましたが、

あの子が届けてくれた、私が知らない方の温かさに、

私は、きっと、間違えていなかったのだと、

そんなふうに、

ほんの少し、自信を持って、これからを歩める気がしました。

 

誰かの温かさが、

こんなふうに、自分の元へ、届くこともあるんですね。

 

私が知らないところで、応援してくださる人がいること

 

それはとても、

心のこもった、素敵な贈り物に見えました。

 

またひとつ、私の掌に、

あなたに見せたい、素敵な宝物を、みつけることが出来ましたよ。

 

 

 

www.emiblog8.com