拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

もうひとつの誕生日

あなたへ

 

七夕の日は、小さな命が、

このお腹の中に宿ったことを知った日

 

そうあの子に話したのは、

2年前の丁度、今頃のことでした。

 

七夕の日に俺の存在が分かったなんて、

ロマンチックだね

 

じゃあ、七夕の日は、

もうひとつの俺の誕生日だね

 

私の話を聞きながら、

あの子は、なんだか、とても嬉しそうでした。

 

もうひとつの誕生日

 

心地よく耳に残るその言葉は、

あなたにも伝えたかった、あの子の素敵な言葉。

 

18年前の七夕の日は、

あの子の存在が分かった日と、あの子の名前が決まった日。

 

私たちは、お父さんとお母さんになるんだねって、

私たちの心と心が、更に固く、ひとつに結ばれた日だったね。

 

この時期になると、思い出すのは、

あなたのとても嬉しそうな顔と、

気の早いあなたの言葉。

 

もしもお腹の子が、男の子だったらさ って。

 

七夕の日は、私たち家族にとって、素敵な記念日。

そこに、あの子が素敵な言葉を添えてくれました。

 

ねぇ、あなたは、覚えていますか。

 

18年前の明日は、私たちにとって、

更に素晴らしい人生の始まりの日だったね。

 

 

www.emiblog8.com