拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

なんでもない日のプレゼント

あなたへ

 

今日は、あなたにプレゼントがあるの。

ずっと、気になっていたもの。

あなたなら、きっと喜んでくれるかなって思って、

買っちゃった。

 

もしも、今、そちら側のあなたと話が出来るとしたなら、

どんな言葉を返してくれるのだろう。

 

あなたの場所に備えた3種類のお線香。

 

キャンディの香り

ミルクの香り

スイカの香り

 

え?スイカ?

 

なんて、あなたは、笑うのかな。

 

もうすぐ夏だから、

ひとつはスイカの香りを選んでみたの。

これは、夏になってからのお楽しみだよ。

 

さっそく、キャンディの香りのお線香を焚いて、

手を合わせた私が、思い出していたのは、

あなたからのたくさんのプレゼント。

 

これ、好きかなと思って

 

こういうの好みでしょ?

 

偶然、みつけたんだ

 

それはいつでも、突然の、

誕生日でも、クリスマスでもない、

なんでもない日の、あなたからのプレゼント。

 

例えば、小さな置物や雑貨、文房具や、キーホルダー。

私の好みのものを見つけたからと、

いつでも嬉しそうに、プレゼントを渡してくれましたね。

 

そんな時の私はね、

あなたの中の片隅には、いつでも私がいるのかな なんて、

ちょっぴり、ニヤけちゃって、

なんだか恥ずかしくて、俯きながら、とても嬉しかった。

 

私と離れている時間に、

私のことを考えてくれていたんだなって、

そんなあなたの気持ちが見えるあの瞬間は、

私にとって、とても、幸せな時間でした。

 

インターネットでみつけた、あなたへのプレゼントは、

ワクワクとしながら、到着を待っていました。

 

お線香を上げて、手を合わせる時間は、

あなたとお話をする時間。

 

そちら側のあなたと、楽しい話がしたい。

 

甘い香りに包まれながら、あなたとする話は、

どんな話になるのだろうって。

 

ほんのり甘い香りは、ちょっぴり胸がキュンってしちゃう、

あの頃のあなたに逢わせてくれました。

 

あの頃のことを思い出しながら、

思わずひとりで、ニヤけてしまった私の顔は、

どうか、あなたに見られていませんように。