拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

青春

あなたへ

 

例えば、高校生が主人公となった映画やドラマを観ている時

例えば、中学生の頃を振り返った時

 

あの子は時々、青春という言葉を口にします。

 

中学生の頃、

こっそりと高校生活への憧れを抱いていたあの子。

 

あぁ、俺、青春してるなぁ

 

高校生になったら、そんな毎日を送れるものと、

期待に胸を膨らませていたあの子にとって、

あの頃、憧れていた電車通学も、高校生活も、

今、目の前にある現実は、

あの子が思い描いていたものとは、何もかもが違うと言います。

 

青春って、なんだろう

 

真面目にそんな言葉を口にするあの子が今いる場所は、

青春のど真ん中。

 

あの子が今いる場所からでは、

その答えを見つけることは、出来ないのかも知れませんね。

 

きっと、今のこの時間を、

数年後の未来のあの子が振り返れば、

キラキラとしたものに囲まれて見えるのでしょう。

 

その時に、あの子の中に抱いた疑問への答えに、

漸く、辿り着くことが出来るのかも知れませんね。

 

幼かったあの子が、

青春とは、何なのか

なんて真面目に思い悩む日が来るだなんて、

あの頃の私たちには、想像することも出来ませんでしたね。

 

あなたが此処にいてくれたのなら、

あの子の若い疑問に、どんなふうに答えたのでしょうか。

 

間も無く、あの子の夏休みも終わり、

またいつもの生活が始まります。

 

え?もうすぐ夏休み終わっちゃうじゃん!

 

お盆を過ぎ、カレンダーをまじまじと見つめたあの子は、

そう言って、項垂れていましたが、

あの子の高校生活も、残り、あと半年程となりました。

 

あの子がいつか振り返った時に、

あれが青春だったと思える、

キラキラとしたものが、たくさん見つかるといいですね。