拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あなたの隣で眠ること

あなたへ

 

私の隣で、あなたが眠っている夢を見ました。

 

目が覚めた私の隣で眠るあなたの姿に安堵し、

夢の中の私は、もう一度、目を閉じたのでした。

 

目覚まし時計の音と共に、

いつも通りに目が覚めた私ですが、

なんだか、とても眠くて、起き上がる気力もなく、

そのまま、布団の中で、

夢の中を反芻しては、ウトウトと、

気が付けば、随分と寝坊してしまった私。

 

あーぁ、半日、無駄にしちゃったな

 

なんて言いながらも、

遅い1日の始まりは、

体も、心も、とてもスッキリとしていました。

 

近頃、ずっと、寝不足気味で、

ボーッとしてしまうことも、しばしばだった私。

 

あなたは、そんな私の体を心配して、

夢の中、側で眠ってくれていたのでしょうか。

 

目が覚めると、隣にあなたがいる。

 

それは、あの頃の私にとって、当たり前の毎日でした。

 

当たり前が、当たり前ではなくなり、

もう、夢の中でしか、

触れることが出来なくなってしまったあなた。

 

逢いたい時に、こちらから逢いに行くことも出来ずに、

こうして時々、

あなたが逢いに来てくれるのを、

待つしかなくなってしまったけれど、

あなたはいつでも、私にとって、

必要なタイミングで、ちゃんと逢いに来てくれる。

 

ありがとう。

 

あなたの側で、たくさん眠ったから、

元気になったよ。

 

明日から、また、頑張るね。