拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

得体の知れないものへの恐怖

あなたへ

 

時々、急に怖くなる時ってあるよね

例えば、

誰もいないはずなのに、

影が見えた気がする

とか、

誰かの気配や、視線を感じた気がするとかさ

 

先日、雑談から、

得体の知れない何かに怯える時がある、

という話になりました。

 

そんな日は、シャンプーする時、目を閉じるの怖いよね

 

誰かの言葉に爆笑しながら、

私にも、確かにそんな過去があったことを思い出していました。

 

気のせいかも知れないけれど、

どうしても、気のせいだとは思えない、なんだか怖い気持ち。

 

特別な力など、何も待ち合わせてはいないはずの私ですが、

思えば、私にも、時々、そんなことがありました。

 

大人なのに、よく分からないものに怯えるだなんて、

なんだか恥ずかしくて、誰にも言えないままに、

気のせいだと、

無理矢理、自分に言い聞かせながらも、

シャンプーをする時には、しっかりと目を開けていたのでした。

 

それは、あなたを見送るまでの私でした。

 

思い返してみれば、あなたを見送ってからの私は、

あの頃、こっそりと怯えていた、正体の分からぬものに、

怯えることがなくなっていました。

 

とはいえ、相変わらず、怖い話は苦手で、

その手のものがテレビで放送されれば、

すぐにチャンネルを変えてしまいますが、

あの頃のように、

ふと、怖いと感じることはなくなり、

その代わりに、時々、感じるようになったのは、

あなたの気配と、あなたの体温によく似た、温もり。

 

今の私は、時々、ふと、

目に見えぬあなたを感じては、

とても安心出来るような、

胸の奥が温かくなるような、

不思議な気持ちに包まれるのです。

 

それ、俺じゃなかったら、どうするの?

 

なんて、あなたは、笑うのでしょうか。

 

大丈夫。

証拠がなくてもね、私には分かるの。

 

そっと、優しく、包み込むみたいなその温かさは、

あなたが何処にいても、きっと、変わらないもの。

 

思えば、私に似て、とても怖がりだったあの子も、

あの頃から、怖がりではなくなりました。

 

一番怖いのは、悪い心を持って近づいて来る人間だと、

いつか、あの子と話し合ったことがありました。

 

失礼だけどさ、

今のお父さんは、どちらかと言うと、

あっち側の人じゃん?

だから、今の俺たちは、

目に見えないものを、怖いと思わなくなったんだと思うよ

 

そんなあの子の言葉に、笑ってしまったけれど、

それは、いつの頃からか、

私の中に抱いていた気持ちと、同じものでした。

 

得体の知れない怖いもの

そんな雑談に加わりながら、

 

今のあなたは、

怖がりだった私たちを、得体の知れないものから、

そっと、守ってくれているのかな。

 

ふと、そんなことを考えました。

 

 

 

 

 

 

1ページ目はこちらより↓

拝啓、空の彼方のあなたへ - 拝啓、空の彼方のあなたへ