拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

親孝行

あなたへ

 

今日の私が、一瞬、

心穏やかでいられなくなったのは、

 

親よりも先に死んだら、地獄行き

 

こんな言葉を目にしたからでした。

 

大抵の嫌なことは我慢出来るけれど、

あなたのことだけは、我慢出来ないの。

 

その文字を見つめながら、

思わず想像したのは、

閻魔様の胸ぐらを掴んでいる私の姿でした。

 

親より先に死んだら地獄行き?

ふざけないで!

彼は生きようとしてた

それなのに、地獄って何?

ふざけんな!ってね。

 

でも、どうしてでしょうか。

 

次に思い浮かんだのは、

そんな私を、

 

随分、威勢がいいねぇ

 

なんて言いながら、

後ろで笑って見ているあなたの姿でした。

 

地獄?

俺は、そんなところにはいないよ

 

もしも、あなたの声が聞けるのなら、

きっと、そんなふうに笑うのでしょう。

 

うん。

知ってる。

理由は分からないけれど、でも、なんとなく分かるの。

そんなところに、あなたはいないってこと。

 

そもそも、閻魔様とか、地獄とか、そういうものも、

恐らく、ないのだろうって、私は考えています。

 

親よりも先に死んだら、地獄行き

 

それは、きっと、

親不孝だからという考え方からなのでしょう。

その考え方に、私は、納得が出来なかったのです。

 

私はね、生きた長さでは、それは測れないと思います。

 

精一杯、生きて、たくさん笑ったら、

それだけで、親孝行だよ。

 

だって、あなたのお母さんは、

あなたのことを、とても誇りに思っているもの。

 

あなたは、

立派に大人になって、お父さんになった姿を、

両親に、見せることが出来きましたね。

 

それは、充分な親孝行だったと思います。

 

小さかったあの子をあやすあなたの姿に、

あなたのお母さんは、私に言ったの。

 

あんなに子煩悩なお父さんになるとは思わなかったよって、

嬉しそうに。

 

我が子を亡くしたお母さんの気持ちは、

私には、想像することも出来ません。

 

でも、あなたのお母さんは、

あなたに対して、親不孝な息子だなんて、

思ったことなど、あるわけないの。

 

お母さんの中にあるのは、

ずっと変わらぬ、あなたへの愛だと思うのです。

 

私ね、知ってるの。

お母さんよりも、長生きしようとしていたあなたの気持ち。

 

だから、あの頃のあなたの気持ちを思うと、

悔しくて、仕方がないの。

 

必死で生きようとしていた人に対して、

地獄行きだなんて、失礼なものの言い方に、

何度考えても、頭に来ちゃう。

 

それは、

だから命を大切にしなさいって意味なのかも知れないけれど、

それなら、そう言えばいいのよ。

 

地獄って何?って、思わず感情的になってしまった私の、

その当たりどころが、

幼い頃に聞いたことのある閻魔様だなんて、私の発想に、

あなたは、何処かで、苦笑いしているのでしょうか。