拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

立冬の奇跡

あなたへ

 

あなたが知らない、

あの子の中のジョニーの存在。

 

そんなに大したこともないんでしょ?

 

なんて、思っているでしょうか。

 

とんでもありません。

 

毎朝、毎朝、起こしても、起きないあの子を起こすのが、

どんなに大変なことなのか、

いつでも目覚めが良かったあの頃のあの子しか知らないあなたには、

きっと、想像もつかないかも知れません。

 

眠りを妨げる私に向ける、あの鋭い眼差し。

唸るような声と、普段は使わない言葉。

 

そして、

武道を長く習っているあの子の手の振り上げ方など、

半端なものではありません。

 

うるせーな!

なんて、手を振り上げられようものなら、

こちらも、本気で逃げなければ、

ぶっ飛ばされそうな勢いなのです。

 

寝不足の時に現れていたジョニーですが、

日に日に登場頻度が増し、

いつの頃からか、

ほぼ毎朝、お会いするのが当たり前となっていきました。

 

そんな寝起きの悪いあの子ですが、

今朝は、奇跡が起こったのです。

 

あの子を起こす20分前、

 

おはよう

 

あの子自らが起きてきたではありませんか。

 

驚きました。

 

あの子の中に隠れた、恐ろしい顔をしたジョニーに会わずに、

学校へ行くあの子を送り出すことが出来たのは、いつ振りでしょうか。

 

非常に爽やかな朝に、

今日の私は、踊り出したい気持ちで、

軽やかに、会社へと出勤することが出来たのでした。

 

今日は、立冬です。

 

今日のこの素晴らしい出来事を、

立冬の奇跡と呼ぶことにしましょう。

 

さて、

先日、あの子と、

ジョニーについての話をしながら、思い出したことがあります。

 

認めたくはありませんが、

あの子の寝起きの悪さは、どうやら、私譲りのようなのです。

 

今でこそ、早起きを心がけるようになった私ですが、

思い返してみれば、あなたと出会うずっと前の私は、

とても寝起きが悪いタイプでした。

 

そんな私が、

いつから変わっていったのか、

もう、思い出すことも出来ませんが、

遠い過去、

確かに寝起きが悪かった自分のことを、ふと、思い出したのでした。

 

あの子の中のジョニーとの戦いの日々は、

あの頃の親の苦労を知れ

ということなのでしょうか。

 

いつかあの子も、

我が子を起こすのに苦労する日が来るのかも知れませんね。

 

朝、起きなくてさぁ なんて、

我が子の寝起きの悪さに困り顔のあの子の姿が、目に浮かぶようです。

 

今日のこの、立冬の奇跡の出来事をしっかりと胸に焼き付け、

いつかあの子が同じことで困ってしまったら、

教えてあげたいと思います。

 

いつまでも同じじゃないから、大丈夫だよと。

 

 

www.emiblog8.com