拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

私がいない世界 【3】

 

私たちは今、葬儀社にいる。

自分の告別式の打ち合わせに参加するだなんて、

なんとも奇妙だけれど、

彼とあの子が並んで座るその隣に、一応、私も座ってみた。

 

私の前にだけ、お茶がないこの光景に、

私は、もう、この世のものではなくなってしまったのだと実感させられた。

 

祭壇や棺、骨壷、花、返礼品。

告別式に必要なもの一式が揃ったカタログを

見つめながら、

膝の上に置いてある手をギュッと握りしめている彼を、私は見逃さなかった。

 

『こんなことさせちゃって、ごめんね。

デザインなんて、こだわらなくていいよ。

パパッと決めてさ、早く帰って、ゆっくり休みなよ。』

 

伝わらないことを知りながら、

彼に伝えたいことを、一方的に伝えることしか出来なかった。

 

式場の予約と祭壇などのデザインを決めると、

プランナーさんは言った。

 

「今日はこの辺にしておきましょう。

お疲れだと思いますので、今日はゆっくりお休みになってくださいね。」

 

翌日の打ち合わせ時間を決めると、

後日、遺影に使う写真を持ってきてほしいと伝えられ、

ようやく我が家へと帰宅した。

 

私の告別式は、4日後に決まった。