拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

私がいない世界 【4】

 

疲れた

眠い

お腹が空いた

そんな感情すら残ってはいない。

 

ただ、もし出来れば、少しだけ、そっとしておいて欲しい。

もう何も考えたくないし、誰とも話したくない。

 

そんな気持ちを、胸の奥へと閉じ込めて、

告別式までは、どうにか乗り越えなければならない。

 

喪主という役割は、とてつもなく辛く、苦しい。

 

泣きながら選ぶ遺影の写真

平然を装って対応する電話

 

私に会いに来てくれた方々への対応

当日まで続く告別式の打ち合わせ

 

私のために対応してくれている彼に寄り添って、私はずっと、彼の隣にいた。

 

「今朝、妻が亡くなりました。」

これは、私が息を引き取った日に、何度も彼に言わせてしまった台詞。

 

感情を込めずに、淡々と告別式の日程を知らせながら、

ギュッと握る拳に、胸が痛くなった。

 

日中は、様々な対応に追われ、

少しだけ、気を抜けるのは、日が暮れてからだった。

 

彼とあの子は、日が暮れると泣いた。

 

私は、黙って2人を見守りながら、

彼らが涙を溢すと、その頬を拭った。

 

『泣かないで。

私は、ここにいるから。』