拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

私がいない世界 【6】

 

この姿になってから、私が声を上げて泣いたのは、

自分が息を引き取った、あの日の夜だけだ。

 

あの日の夜に、テレビから聴こえてきたのは、

あの子が好きなアニメの主題歌だった。

 

あの日は、このアニメの映画公開日だった。

 

静かに流れる音楽も、歌詞も、

何故だか、私の気持ちを彼らに伝えてくれているような、

不思議な気持ちがした。

 

側にいたいよ

 

そんな内容の歌詞に、彼らは聞き入り、2人で泣き出した。

 

そんな2人の側で、私も一緒に泣いた。

 

私も側にいたい。

ずっと側にいたかったよ。

 

家族3人、たくさんの涙を流したけれど、

一番大泣きしたのは私だった。

 

彼らに気付かれることなく、

私は2人の側で、声を上げて泣いた。

 

この映画、3人で観に行こうねって約束していたんだ。

映画を観に行く約束をした時の、あの子の嬉しそうな顔を思い出す。

 

ごめんね。

約束守れなくて。

 

ごめんね。

 

当たり前に、続くと思っていた日常生活は、

死という形で、突然に終わりを告げ、

私は、もう、

彼らと一緒に、当たり前の日常を送ることは出来なくなってしまった。

 

こんなに側にいるのに、私だけが、此処にいない。