拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

私がいない世界 【8】

 

粛々と、式が進行する。

 

「最後のお別れです。」

 

そんな言葉と共に、彼とあの子を始めに、

参列してくれた皆が、私の棺の中にお花を入れてくれた。

 

私の棺の中は、ピンク色のお花で一杯になった。

 

皆がお花を入れ終えると、

私の胸元に、彼とあの子から、それぞれの手紙を添えられる。

 

そうして、

最後に、彼がそっと、家族写真を入れてくれた。

 

彼と私の真ん中で、

あの子が、おどけて頭にぬいぐるみを乗せたこの写真は、

最後の家族写真となってしまった。

この写真を撮った日から、まだ1年も経っていない。

 

ずっと、3人一緒だよ

 

そんなメッセージを込めて、

彼らは、この写真を私の遺影に選んでくれた。

 

彼は最後に、もう一度、棺の中に入れた家族写真を見つめ、

私へと視線を戻すと、

眠る私の頬をそっと撫で、

「楽しかったね。」

そう言って、

静かに涙を流しながら、穏やかに微笑んだ。

 

棺の中で眠る私の姿に、

彼が最後に向けてくれたのは、穏やかな笑顔だった。

 

ねぇ、あなた。

今日1日、お疲れ様。

喪主の挨拶、格好良かったよ。

ありがとう。

 

私ね、あなたと結婚出来て良かった。

幸せだったよ。