拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

私がいない世界 【9】

 

告別式を終えると、そのままお盆に入った。

漸く、彼らは休むことが出来る。

明日は、彼の実家の地域で行われる花火大会だ。

 

「今年も来たら?気分転換にもなるかも知れないしさ。」

遠慮がちに、彼の家族が声を掛ける。

 

少し迷った顔をした彼は、あの子の顔を見ながら答えた。

「行こうか。」

 

 

今年の花火大会は、例年よりも随分と混んでいる。

 

確かに、ここの花火大会は、打ち上げ数も多く、評判ではあるけれど、

それにしても、今年はちょっと混みすぎだ。

 

それなのに、彼らは、上手にスイスイと歩いて行ってしまうから、

ついて行くのが大変だった。

 

毎年と同じ場所へ席を取ると、間もなくに、花火が打ち上がった。

 

花火を見上げた彼は、無表情のまま、空へとカメラを向けた。

 

あの子の側には、今、3歳年下の従兄弟が、ピッタリと寄り添っている。

従兄弟に笑顔を向けているあの子の姿に、安堵しながら、

私は、彼の側に寄り添った。

 

何度、彼の顔を覗き込んでみても、彼は、ひとつも笑わなかった。

 

『ねぇ、あなた?』

 

彼には届かないことを知りながら、

声を掛け続けることしか出来ずに、

彼の顔を覗き込みながら、話し続けようとしたその時だった。