拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

目薬

あなたへ

 

先日、仕事中に、

突然、目に違和感を感じました。

 

パソコンや、携帯電話。

目を酷使し過ぎたせいかと思いながら、1日を終え、

夜になり、よく鏡を見てみると、

ものもらいが出来ていました。

 

疲れていたのでしょうか。

 

早速、ものもらいのに効く目薬を購入し、

点眼しながら思い出していたのは、

目薬をさすのが苦手だった、あなたのことでした。

 

何度、自分で点眼しても、

別な場所へと目薬が垂れてしまうあなたは、決まって、

ねぇ、目薬して?

そう言って、私の膝の上に頭を乗せてきましたっけ。

 

自分の指で、両目を開き、そこに私が点眼する。

両目をパチパチしてから、

もう1回って、

また自分の指で両目を開くあなたは、とても可愛かった。

 

そんなところも、

こっそりと、あなたの好きなところでした。

 

なんでも出来るあなたの、数少ない苦手なことを、

私は、幾つ知っているのでしょうか。

 

外では、強く勇敢に戦う戦士だったあなた。

 

目薬をさすのが苦手だなんて、

そんなあなたの可愛いところを知っているのは、

私だけであったらいいな

なんて、こんな想いは、贅沢でしょうか。