拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -言葉に出来ないもの-

例えば

あの時とかあの時

 

それから

あの時も

 

彼を見送ってからの私には

度々不思議な出来事が起こった

 

それらのほんの一部だけを

言葉に表現しながらも

その殆どは

この胸の中へと納めたまま

誰にも話してはいない

 

いや

話すことも文字にすることも出来なかった

と言った方がいいのかも知れない

 

不思議な出来事の数々

 

特に

あの時とか

あの時のことを

ふと誰かに話してみたくなって

言葉を探したけれど

どんなに努力をしてみても

それを完璧に表現出来る言葉が見つからなくて

結局は

その感覚を体に覚えたまま

言葉にすることを諦めた

 

どうにか言葉にしようと

無理に言葉に当てはめてみれば

途端に

厳かだったはずのその重さは消えて

ただ薄っぺらな

偶然に過ぎないような事柄へと

変化してしまうように感じるのだ

 

ただの偶然だったのか

 

不思議な出来事の数々を

ゆっくりと思い起こしながら確認してみる

 

偶然?

あれも

あれも

全部 偶然?

 

それにしては

彼が息を引き取った日から偶然が多過ぎる

それも

彼を連想しないではいられないような偶然ばかりだ

 

今の彼が操るのはきっと

言葉で扱うことさえ憚られる高貴なチカラ

 

そう

そんなふうに表現するのが正しいのだろう

 

そもそも

それを表現するだけの言葉など

初めから

この世には存在しないのかも知れない

 

私の身に起こった不思議な出来事の数々は

それほどまでに重々しい雰囲気を纏っていた

 

彼は確かに何処かに存在し

その高貴な雰囲気を漂わせて

偶然にも似たやり方で

時にその想いを伝え

そして

時に寄り添ってくれているのだろう

 

目に映ることもなければ

言葉にすることすら出来ない

不思議なチカラと言うものは

確かに存在するのだろう