拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

話がしたいけれど

あなたへ

 

何日間、あなたと話をしていないだろう。

じっと、カレンダーを見つめて、指を折ってみる。

5年間 + ・・・えっと・・・

やっぱり、やめた。

 

あなたを見送ってからの私は、いつの頃からか、

あなたと話をしていない間の日数を数えることを、途中でやめて、

空を見上げ、ただ、あなたのことを考えます。

 

あなたと話が出来なくなってから、10日、30日と、

考えなくとも、その日数を数えることが出来ていた頃の私の方が、

今よりも、もっと、意気込んでいたような気がします。

 

今よりも、もっとたくさん泣きながらも、

あなたの、その温もりを探しながらも、

あなたの分まで、あの子を守らなきゃ。

強くならなきゃ って。

 

あの日が、遠くなればなるほどに、

あなたと話がしたくなる。

 

あの頃よりは泣かなくなった、今の私の方が、

あなたを探し求めているように感じるのは、

あなたが此処にいないということを、

受け入れてしまったからなのでしょうか。

 

特別なことじゃなくていい。

今日の出来事とか、

天気のこととか、

あの頃みたいに、あなたの声に耳を傾ける。

そんな時間を過ごしたい。

 

私たちが出会ってから、こんなに話をしないのは、

初めてのことだね。

 

喧嘩をしても、すぐに仲直りしていた私たちは、

話をしなかったことなんて、なかったもの。

 

この先ずっと、あなたと話が出来ないままに、

私は、この人生を生きて行くんだね。

 

ねぇ、あなた。

あと何年経ったら、あなたに逢える?

 

逢いたいよ。

あなたに逢いたい。

それなのに、私ね、生きたいの。

 

あなたと話がしたい。

 

こんなに苦しいのに、

こんなに寂しいのに、

空を見上げれば、

あなたに届けたい言葉は、私、頑張るよって。

 

でも、今日は、少しだけ、泣いてもいいですか。