拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

空から目が離せないままに

あなたへ

 

晴れた空はいいですね。

ずっと眺めていても、全然飽きない。

 

青空に浮かぶ雲は、人間と似ている気がしませんか。

 

同じ雲でも、みんな形が違うの。

空を流れながら、形を変えるところも、

なんだかとても、よく似ている気がします。

 

だって、

昨日の私と今日の私は、

似ているようで、少しだけ違うもの。

昨日学んだことを今日に生かして、

きっと、少しだけ、毎日、別な私なの。

 

雲が、広い空を、ゆっくりと旅をしながら、

眺める景色が変わるように、

私だって、昨日と今日では、

見ている景色が違う気がするのです。

 

ねぇ、あなた。

そこから見たら、今日の私は、どんな形をしていましたか。

 

綿あめみたいに、ふわふわな雲のような私でしょうか。

それとも、

飛行機雲みたいに、真っ直ぐに伸びた私でしょうか。

 

今日の私は、

暖かな日差しに包まれて、青い空を見上げたまま、

ぼんやりと、そんなことを考えていました。

 

午後の暖かな陽だまりは、

なんだか、あなたの側とよく似ていて、

空から目が離せないままに。