拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

愛妻弁当

あなたへ

 

子供が高校生になると、旦那のお弁当も作るようになるのよね

 

こんな話を聞いたのは、あの子が高校生になってから、

どのくらいが経った頃だったでしょうか。

 

皆の談笑に耳を傾けながら、

もしも、あなたが此処にいてくれたのなら、

私も、皆と同じように、あなたの分のお弁当も作っていたのだろうかと、

毎朝、2人分のお弁当を作る自分の姿を、想像したのでした。

 

あの子のお弁当作りの日々を終え、

なんだか、物足りなさを感じる中で、

ふと思い出した、いつかの話。

 

私が経験することが出来なかった時間を、ただ想像するだけの私でしたが、

それなら、2人分のお弁当を作ってみようだなんて、

突然、思いついてしまったのです。

 

だから、今日はね、

朝から張り切って、お弁当を作ったの。

 

早々に、あなたの場所へお供えした、愛妻弁当。

 

あなたが好きなもの、たくさん入れたよ。

ハートに切り抜いたハムも、ちゃんと食べてね。

 

初めて経験した、2人分のお弁当を作る朝の時間は、バタバタとしながらも、

幸せな気持ちが、2倍になりました。

 

いつもの朝は、

おはよう

行ってきますって、あなたに声を掛ける私ですが、

今日だけは、

あなた、お弁当持った?

いってらっしゃい

そんなふうに、声を掛けてもいいですか。