拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あなたと過ごした週末

あなたへ

 

あぁ、そうだった。

この週末は、あなたが帰って来てくれているんだった。

 

こんな幸せな気持ちから始まる夢を見ました。

 

我が家の家族の部屋。

あなたとあの子と、家族3人で、ゆっくりと寛ぎながら、

テレビを観たり、のんびりと休日過ごす夢でした。

 

お盆の帰省とは違って、側にいる気がするではなく、

はっきりと見えるあなたの姿にも、

触れることが出来るのも、とても幸せだなって、

夢の中の私は、

その体温を感じながら、ウトウトとしたのでした。

 

この週末は、少し、体調を崩してしまった私。

こんな時は、眠ることが一番だと、家事もそこそこに、

ゆっくりとした週末を過ごしました。

 

何故だか、私が体調を崩すと、夢に現れては、側にいてくれるあなた。

この週末は、ずっと、私の側にいてくれたのでしょうか。

 

あの夢から覚めた私は、

少しだけ、あなたの姿を探してしまいました。

 

目が覚めてしまった私には、

もう、あなたの姿は見えなかったけれど、

きっと、側にいてくれてありがとう。

 

また、今日から、

新しい週が始まりましたが、

この週末、きっとあなたが、側にいてくれたお陰で、

今日からまた、元気に仕事へ行くことが出来ましたよ。

 

あなたのお陰ですね。

ありがとう。