拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

6年前のあなた

あなたへ

 

今朝、通勤途中に、正装をしたご夫婦が、歩く姿を見かけました。

今日は、小学校の卒業式だったようです。

 

今日のこちらでは、

卒業式によく似合う青空が広がりました。

 

天気が良くて、良かったですね

そんな想いで、

小学校へ向かうご夫婦の姿を眺めながら、

あの子の小学校卒業式の日を思い出していました。

 

6年前の私たちも、正装をして、

あの子が通った小学校へと、一緒に歩きましたね。

 

あの時、思い出していたのは、

小学校の入学式の日のこと。

あの日は、生憎の雨で、傘を差して、3人で歩いたねって。

 

まだ幼かったあの頃から、

小学校で過ごした6年間を思い返しながら、

学校までの道のりを歩いたのでした。

 

そうそう。

あの日の私は、きっとたくさん泣いてしまうのだろうって、

ポケットにハンカチとティッシュを忍ばせて、

泣く準備万端で出掛けたのに、

あまりにも身構えたせいか、

涙を流すことがないまま、

あの子の卒業式を見守ったのでした。

 

大きくなったね

 

喜びを噛みしめながら、私が涙を流したのは、

卒業式を終え、夜になり、

あの子が眠ってからのことでした。

 

あの日のことを、ゆっくりと思い出せば、

いつもとは違うあなたの顔が蘇りました。

 

視力がよく、普段は眼鏡を掛けることがなかったあなたでしたが、

あの日のあなたは、何故か、

その生涯で、ひとつだけ作った眼鏡を掛けて、

卒業式へと出掛けましたね。

 

あの日のあなたが、どうして眼鏡を掛けたのか、

今でも、その理由は分からないままですが、

思えば、あの日が、

眼鏡を掛けたあなたの姿を最後に見た日でした。

 

格好いい!

 

あなたを見上げたあの子が、その眼鏡姿を褒めたこと。

あなたは、覚えていますか。

あの時のあなたは、とても嬉しそうに、笑っていましたっけ。

 

6年前の私の隣には、当たり前に、あなたがいてくれました。

 

あれから、半年も経たないうちに、

あなたは、息を引き取り、

もう、あなたの隣を歩くことは出来ないけれど、

卒業式へと出掛けるご夫婦を眺めながら、

6年前の、あなたの隣を歩いた記憶も、

あなたと一緒に見た卒業式の風景も、

あなたの眼鏡姿も、鮮明に思い出しました。

 

眼鏡を掛けた、あの日のちょっと知的な雰囲気のあなたの姿に、

こっそりと、ドキッとしてしまったこと。

あなたは、知っていましたか。

 

スーツ姿にあの眼鏡は、格好良すぎて、反則でしたよ。

 

卒業式によく似合う青空の下、

またひとつ、あの頃の幸せのカケラを拾い集めました。