拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

年を重ねる -2020-

あなたへ

 

今日、無事にまたひとつ、

年を重ねることが出来ました。

 

あなたを見送り、6回目の私の誕生日は、

青空が広がり、とても暖かで、気持ちの良い1日でした。

 

あなたよりも2つ年上になりましたよ

 

空を見上げ、小さく呟いた私の声は、

暖かな風に乗って、

あなたのところまで届いたでしょうか。

 

その年齢にならないと見えないものは、

きっと、数多く存在するのでしょう。

 

あなたが見ることが出来なかったこの年齢の景色は、

どんな景色なのだろう。

これから、私の瞳には、何が映るのでしょうか。

 

あなたを見送り、もう、早足で歩むことは出来なくなってしまったけれど、

この年齢の私も、

あなたにも伝えたい素敵なものをたくさん集めながら、

ゆっくりと歩んでいけたらいいなと思っています。

 

生きているのではなく、生かされている

 

これは、いつかのあなたの言葉です。

 

その意味を考えながら、1日1日を大切に、

あなたの分まで精一杯、生きたいと思います。

 

 

www.emiblog8.com