拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

それぞれの試練

あなたへ

 

子供が、登校拒否になっちゃってさ

 

子供が、高校中退させられちゃってさ

 

主人が、行方不明になっちゃってさ

本当に大変だったの

あっ、もう見つかったから、今は大丈夫よ

 

我が子の深刻な問題と向き合う人

夫婦間での深刻な問題と向き合う人

我が子の成長の節目に、伴侶と別々な人生を選ぶ人

 

あなたを見送ってからの私の周りでは、

それぞれの家庭の中で、

何かしらの、とても大きな試練が訪れていたように思います。

 

我が子が、中学生から高校生にかけての時期というのは、

それぞれに、大きな試練が課せられる時期なのでしょうか。

 

思わず、そう考えてしまうほどに、

ここ数年の私の周りでは、

皆が、それぞれに、

とても大きな試練と向き合っていたように思います。

 

決して穏やかな毎日ばかりではないのが人生ですが、

それぞれの話を聞けば、どの話もとても深刻で、

どんな言葉を返していいのかも分からないままに、

ただ、その試練と向き合う友人たちの、心と体を心配したのでした。

 

人間とは、誰もがこうして、

それぞれに課せられた試練を乗り越えて、

強くなるものなのでしょうか。

 

ここ数年は、誰かしらの大変だった話を耳にしていましたが、

彼女たちは、漸くまた、平穏な日々を取り戻しました。

 

あの頃は大変だったけれど、

今は、こんなふうに良い状態になったのだと話してくれる皆の笑顔に喜びながら、

ふと、思いました。

 

きっと、彼女たちは、

その試練が訪れた理由を、見つけることが出来たのかも知れないなって。

 

あなたが此処にいないこと。

 

それが私に課せられた試練だと言うのなら、

私に訪れたこの試練には、

もう、終わりは訪れません。

 

この試練と戦い続けながら、

きっと、この先にも、

まだまだ乗り越えなくてはならない試練もあるのでしょう。

 

誰しもに、とても大きな試練が訪れると言うのなら、

出来れば、あなたと一緒に、

その大きな試練を乗り越えたかったけれど、

いつの頃からか、

きっと、何かしらの理由があって、

私にはこの試練が訪れたのかも知れないと、考えるようになりました。

 

もう、手が届かなくなってしまったあなたを想い、生きる日々は、

辛いことも、

悲しいこともありますが、

すぐ側にある小さな素敵なものたちを見落とさぬよう、

ゆっくりと歩みながら、

今の私にはまだ見えない答えに、

いつか辿り着けたらいいなと、思っています。