拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あなたの願いが叶いました【2】

 

「迎えに来たよ。」

 

深く静かで、とても優しい声で目が覚めた。

無意識に携帯電話の画面を確認すれば、0:00。

眠りに就いてから、然程、時間は経っていない。

 

ボーッとする頭のまま、目を擦ったところで、窓を叩く音が聞こえた。

そして、再び聞こえたのは、さっきの声だ。

迎えに来たよ と。

 

ここは、二階だ。

誰かが窓を叩くわけはないし、窓の外に誰かがいるはずもない。

恐る恐る、細くカーテンを開けてみると、窓の向こうにいる誰かと目が合った。

 

「うわ!」

びっくりして、後ろに飛び退いた私は、そのまま尻餅をついてしまった。

「痛っ・・・」

小さく声を上げながら、体勢を直そうとした私の目の前には、

どこから入って来たのか、知らない人が立っていた。

 

「おめでとうございます。あなたの願いが叶いました。」

 

ボーラーハットを取って、恭しく、お辞儀をするのは、

丁度、座ったままの私と、同じくらいの身長の小さなおじいさんだった。

 

綺麗な白髪を後ろに撫でつけ、

立派な白髭を蓄えているそのおじいさんは、

カチッとしたスーツに身を包んでいる。

ふさふさの長い眉毛の奥に見えるのは、ブルーグリーンの瞳。

とても綺麗な色をしている。

 

ニコニコと笑いながら、彼は更に言った。

 

「その願い、今夜、この爺が叶えて差し上げましょう!さぁ、支度を!」