拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あなたの願いが叶いました【5】

 

「なんだね?そのハッキリしない態度は!

はぁ・・・人間は分からんわ。

さっぱり分からん!ハッキリしなさいよ!

この爺が、わざわざその願いを叶えに来てあげたというのに、全く・・・

あなたねぇ、

それなら、何故、空を見上げて、彼に逢いたいなどと言いながら泣くのじゃ?

泣いてばかりいるくらいなら、一度、その逢いたい人とやらに逢いなさいよ!

いや!逢うべきだ!

・・・

なんだね?その顔は?

この爺を疑っているのか?何も知らないくせにと?

この爺が何も知らないとでも?

知ってるとも、知ってるとも。

あぁ!よく知ってるとも!」

 

顔を真っ赤にして怒りながら、

私が時々、彼の名前を呟きながら、

こっそりと泣いていることを知っているのだと言う。

 

「さあ!早く!出掛けますよ!」

早口で捲し立てたかと思えば、はあはあと肩で息をしている。

 

はぁぁ・・・

 

大きくひと息ついたかと思えば、指を鳴らす音と共に、

私の着ているものは、パジャマから、白のワンピースへと変わっていた。

思わず立ち上がり、マジマジと、今着ているものを眺めてみた。

そうして、次の瞬間には、

カーテンが開き、施錠していたはずの窓が大きく開け放たれた。

部屋の中に、夜の空気が入り込む。

 

「おっと、乗り物は・・・これが良かろう。」

そう言って、ポケットの中をゴソゴソとしながら取り出したのは、

マザーリーフだった。

窓際に立って、ゆっくりとマザーリーフを宙に浮かべると、

再び、パチンと指を鳴らした。

 

すると、どんどんマザーリーフが大きくなっていく。

窓の外には、空飛ぶ絨毯のように、大きくなったマザーリーフが浮いている。

 

なにこれ?

驚きのあまり、声も出ないまま、立ちすくむ私の背中を押して、

大きなマザーリーフへと乗せ、座らせると、おじいさんも、隣に腰を下ろした。

 

「さて、漸く出発じゃな。では、願いをわしに!

さぁ、何処へ行きたいのじゃ?」

 

さっきから目の前で起こることに頭がついていかない。

そして、外気に晒されながら、ただ浮いている場所というのは、とても怖い。

ここは、大きな葉っぱの上だ。

掴まる場所など何もない。

 

これに乗って彼のところまで行くの?

 

戸惑いと、恐怖が入り混じる中、

これから彼に逢えるのだという喜びと、緊張をみつけた。

 

今から、彼に逢えるの?

本当に、逢えるの?