拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あなたの願いが叶いました【7】

 

街並みの光は、やがて見えなくなり、

光り輝く星だけの景色へと変わった。

飽きもせずに、星たちを眺めていた私は、

漸くここで、たくさんの疑問が浮かんできた。

 

いや。

これは、本当なら、

一番初めに聞かなければならなかったことなのだろう。

 

「あの、ところで、おじいさんは誰なのですか?もしかして、魔法使いですか?」

そんな私の言葉に、違うと首を振る。

けれど、その後に、言葉は続かなかった。

「え?じゃあ、もしかして神様?」

 

「かっ!神様?滅相もない!わしは、神様など足元にも及ばんよ!

あぁ、なんてことだ!わしが偉大なる神だなんて!」

 

何故だか顔を真っ赤にして、両手をぶんぶん振りなら、一生懸命に否定している。

その姿がなんとも可愛らしく、

ふふっ

思わず、小さく笑っておじいさんを見つめると、

更に顔を真っ赤にして、わしは神様ではないのだと否定した。

 

「魔法使いでもなく、神様でもなく、じゃぁ、、」

首を傾げた私に、おじいさんは、微笑んだ。

「天国までは遠い。わしの話を聞きたいか?」

そうして、おじいさんは、自身についてを語ってくれた。