拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あなたの願いが叶いました【11】

 

「ふむ。何故とな?

お前は、神なんていないと本気で思ったことがあるじゃろ?」

 

「えっと、まぁ、あった・・・かも知れませんね。」

思わず語尾が小さくなる。

 

「神なんていないとしながらも、ほんの少し、神を恨んだな?」

この質問への返答は、非常に気まずい。

「えっと・・・」

 

「ふふっ。まぁ、良かろう。

わしがお前の願いを叶えたいと思ったから、その願いを聞き入れたのじゃよ。

間も無く、天国じゃ。

そうだ。ひとつ話しておかねばならんの。

生あるものが天国で過ごせる時間は、8分間だけじゃ。

それ以上は、1秒足りたも、過ぎてはならぬ。

それだけは、絶対に守ってくれると約束してくれるな?」

 

8分間・・・。

私は、目を閉じて、彼と、どんな8分間を過ごしたいのかを考えた。

「分かりました。約束します。」

 

そうして、間も無くに、天国へと到着した。