拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あなたの願いが叶いました【12】

 

初めて連れて来られた天国という場所は、

非常に分かりやすく、大きな看板が建ててあった。

 

『天国』

 

私の半歩後ろを歩くおじいさんは、看板を見上げながら、

この看板は、見る人が使う言語に合わせて、文字が変化するのだと教えてくれた。

 

大きな看板の横を通り抜けると、見上げるほどに大きな扉があった。

恐る恐る扉の前に立つと、触れる前にその扉が開かれた。

 

「お待ちしておりました。こちらで手続きをお願いします。」

にこやかな白髪の老人に迎えられた。

 

お待ちしてたんだ?

少し驚きながらも、今夜の不思議な出来事の数々に、

私は、あまり動じることがなくなっていた。

今夜は、私が知る常識は、何もかもが通用しないようだ。

 

受付らしき場所で、聞かれるままに、

彼の生前の名前と、生年月日、命日を伝えると、

龍の間でお待ち下さいと案内されながら、

星のモチーフがついたペンダントを渡された。

これは、入国許可証のようなものだそうだ。

 

早速、ペンダントを首に掛けながら、

『龍の間』と記された部屋へと向かった。

 

ドアを開けると、中は、とてつもなく広い部屋だった。

私が部屋へと入ると、おじいさんも半歩遅れて部屋へと入って来た。

部屋の中へ入るとすぐに、中央へ向いた大きめのソファーが置かれている。

ソファーと対面する遥か向こう側の壁には、

丁度、人が通れるほどの大きさで、アーチ型に光る場所があった。

 

ソファーと、壁の一箇所が光っている以外、何もない部屋だったが、

私たちは、部屋中を見回してから、漸く、ソファーへと座った。

 

「そのペンダントが時間を教えてくれる。

光が強くなったら、時間じゃ。」

おじいさんの言葉に頷き、弱く七色に光る星にそっと触れた。