拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あなたの願いが叶いました【14】

 

「あのね、あのね・・・」

 

ここに来る前に、ちゃんと考えて来たんだ。

彼に伝えたいこと。

どんな時間を過ごしたいのか。

それなのに、彼を目の前にした私は、何一つ言葉になど出来なかった。

 

想いを全部伝えたいのに、

それを伝えるだけの言葉など、初めから存在しなかったかのように、

言葉はひとつも出てこなかった。

 

あのね。

そればかりを繰り返してしまう私に、彼は、うんうんと頷く。

「分かってる。全部、分かってるよ。大丈夫。」

そう言って、彼は、私を強く抱き締めてくれた。

 

私たちには、初めから、言葉など、必要なかったのかも知れない。

ただこうして、想い合うこと。

それだけできっと、気持ち伝えられる。

 

その時を悟ったかのように、

彼が少しだけ、私から体を離したところで、

私の首にかけたペンダントが光り出した。

 

8分間。

約束の時間は、彼と私を、また離れ離れにしようとしている。

 

それでも、私は、約束を守らねばならない。

 

「行こうか。」

彼は私に優しく微笑むと、私の手を取り、歩き出した。

堪え切れない涙は、後から後から溢れ落ちる。

 

大きな扉までの数十歩。

なんの言葉も出ないまま、遂に、あの大きな扉まで来てしまった。

 

最後に、彼の手を強く握り締めれば、

彼も、優しく握り返してくれた。

そうして、再び、彼の手を離さなければならなくなった。

 

大きな扉が開き、私を扉の向こう側へと送り出そうとする。

 

隣に並んだ彼を見つめ、名前を呼ぶと、

彼は微笑み、優しく私の髪を撫でてくれた。

そうして、少しずつ下へと下がっていったその手は、そっと私の背中を押した。

扉の向こう側へと。 

 

急いで振り返ると、

大きな扉が、ゆっくりと閉まっていく。

 

「笑って?」

 

彼は最後にそう言って、私に笑いかけた。

だから、必死で涙を拭って、私も、彼に笑顔を向けた。

 

大きな扉は、ゆっくりと閉じられ、やがて、バタンと大きな音が聞こえた。

 

大きな扉の向こう側と、こちら側。

これが、生と死を分ける境だ。