拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

お味噌汁作りの日々

あなたへ

 

コロナウイルスという、耳慣れない言葉に怯えながら、

病気に負けない体を作らなくてはと、

そんなふうに意識をして、

お味噌汁作りに力が入るようになってから、どれくらいが経ったでしょうか。

 

洋食の時には、スープを作っていた私ですが、

ここ暫くは、どんな食事であっても、

必ず、お味噌汁を合わせるようになりました。

 

その日のメニューに合わせて、

味噌スープと呼び名を変えてみます。

 

すると、どうでしょうか。

どんな食事にも、お味噌汁が合うような気がしてくるのです。

具材は、いつも通りの和を中心としたものですが、

呼び名とは、不思議なものです。

 

医者に金を払うよりも、みそ屋に払え

 

江戸時代を過ごしていた大先輩たちの、この言葉を教訓に、

毎日、お味噌汁を飲みながら、

今日も、あの子と2人で元気に過ごすことが出来ました。

 

毎日、毎日、欠かさずに作っているお味噌汁ですが、

ワンパターンになってきているような気がする今日この頃。

 

今日は、インターネットで調べた、

洋風にアレンジしたお味噌汁というものに挑戦してみました。

具材も、いつもとは違い、ウインナーを一緒に入れました。

そうして、バターを隠し味に。

 

とても美味しく出来たので、あなたの場所にもお供えを。

どうでしょうか。

あなたも、気に入ってくれましたか。

 

あの子は、とても気に入って、おかわりをしてくれました。

 

これで、またひとつ、

私の料理のレパートリーが増えましたよ。

 

 

www.emiblog8.com