拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

アマビエ様

あなたへ

 

昔々のお話です。

時は、江戸時代に遡ります。

弘化3年、肥後国の海中に、

毎夜のように光るものがあったそうです。

役人が確かめに行ったところ、

海中に住む、アマビエと名乗る怪物が現れました。

その姿は、3本足に、鱗のある体、長い髪、

そして、くちばしのついた顔であったとか。

アマビエと名乗る怪物は、

今後6年の豊穣と病気の流行を予言し、

疫病が流行したら、私の絵を描いて皆に見せるようにと言い残して、

再び、海へと帰っていったそうです。

 

コロナウイルスという疫病が蔓延し、

どれくらいが経ったでしょうか。

まだまだ油断出来ないこちら側の事態ですが、

早く、穏やかな日々に戻りますようにと願いを込めて、

今日の私は、プラ板で、アマビエ様を作りました。

 

先日、怪我した足の痛みに、苦痛な毎日を過ごしていた私ですが、

今日は、楽しく過ごすことが出来ました。

あなたの分と、あの子の分。

色違いで、3つのアマビエ様を作りました。

青のアマビエ様はあなたへ。

 

あなたがいるそちら側は、

きっと、病気も何もない、穏やかな場所なのだと思いますが、

この先もずっと、

穏やかな日々でありますようにと、願いを込めて。