拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

少しだけ泣いてもいい日

あなたへ

 

今日のあなたは、どんな気持ちで過ごしていましたか。

寂しい思いは、しませんでしたか。

 

私は今、とても寂しいです。

 

夏を思わせる晴れた空に、心が躍るはずなのに、

今日の私は、空を見上げて、

無意識に吐いてしまったのは、大きなため息でした。

 

こんなに寂しいのは、きっと、

あなたと出会った夏が来るからだね。

 

なんだか、涙が溢れそうなのは、

きっと、夏に、あなたが此処からいなくなってしまったからなんだ。

 

本当なら、今年は、出会って22周年の夏を迎えるはずだったから、

きっと、こんなに苦しいんだよ。

 

寂しい理由を考えて、握り締めた右手は、

無意識に、あなたの温もりを探していました。

 

あなたに、逢いたい。

 

最近のこちらでは、蒸し暑く感じられる日も多くなりました。

こんな時に思い浮かぶのは、

炭酸飲料を美味しそうに飲むあなたの姿。

 

あなたの好きな炭酸飲料と、お菓子を買ってきましたよ。

炭酸飲料が飲みたいなって、あなたの声が、聞こえた気がして。

ちゃんと、あなたのところに届いているかな。

 

私は、いつでも、あなたのことを想っているよ。

 

今日は、あなたの月命日だから、

ほんの少しだけなら、泣いてもいいよね。

 

明日には、きっとまた、元気になっているからさ。