拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

6月

あなたへ

 

6月が半分を過ぎました。

カレンダーを見つめながら、ふと、思い出したのは、

かつて、一緒に働いていた先輩の言葉。

 

もう、6月だって

今年も半分が終わっちゃうわね

これからすぐに、夏が来て、お盆が来て、

毎日暑いねって話していたかと思えば、すぐに、お正月が来るのよ

 

毎年の6月には、

先輩のこんな言葉を聞いて、笑っていました。

 

そっか。今年も半分が終わるんだね。

 

今年が終わる頃の私は、何を見ているのだろう。

あの子は、どんなあの子になっているのかな。

 

ねぇ、あなた

何処かで見ていてくれた?

あの子も、私も、頑張っているよ

 

冬の空を見上げながら、あなたにそんな報告をする、

今よりも、ほんの少し、自信に満ちた、私たちを想像してみます。

 

次の冬空を見上げる頃には、

今の私たちには、まだ見えない景色を見ていたい。

 

過去は変えられないけれど、未来は、自分で作るものだもの。

頑張らなきゃね。

 

今は丁度、梅雨の中休み。

青い空と、爽やかな風は、私に、明るい未来を想像させてくれました。

 

 

www.emiblog8.com