拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

愛の言葉

あなたへ

 

あの夏から、何度、あの日のあなたを思い出しただろう。

 

私の手を握り、病院のベッドの上から、切なそうな顔をして、

私の顔を真っ直ぐに見つめるあなたの姿。

そうして、

照れ屋なあなたには、似つかわしくない言葉で、私を困惑させたの。

 

俺から、離れないで って。

 

突然のあなたのこんな言葉に、

私はただ、驚きながら頷くばかりだったけれど、

あの言葉は、生きているあなたがくれた、

私への最後の愛の言葉でした。

 

あの夏にあなたを置いたまま、

どう頑張っても、皆と同じように時間は過ぎてしまうけれど、

過ぎゆく時間の中でも、不意に立ち止まれば、

あなたがくれた愛の言葉は、私を抱き締めてくれる。

 

堪らなく不安になった私に、あの頃のあなたは、そっと愛をくれるの。

 

あの時のあなたの言葉は、きっと、一生分の愛の言葉。

どんなに時間が経っても、色褪せることはなく、

私に、変わらぬ愛をくれるあなたの言葉は、魔法みたいだね。

 

今日もまた、青い空を見上げた私に、

あの日のあなたが、

その想いを届けてくれました。

 

この手を握り締めたあなたの右手には、

あの日の私の手の温もりが、今でも残っていますか。

 

 

www.emiblog8.com