拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

キャンディ

あなたへ

 

悲しい気持ちのする香りのお線香から、

甘い香りのお線香に変えてから、どのくらいが経ったでしょうか。

 

今、あなたの場所に準備してあるのは、

4種類のキャンディの香りのお線香。

 

このキャンディの香りのお線香をあげながら、思い出すのは、

あなたが病院へと運ばれ、危険な状態だと説明されながらも、

奇跡的に回復し、

快方へと向かい始めた、あの頃のことです。

 

まだ食事は摂れませんが、

飲み物と、飴の許可が出ましたよ

刺激の少ないものを選んできてあげてくださいね

 

そんな看護師さんの言葉に、早速、買い物へ出掛けようとした私に、

あなたは言ったのでした。

 

色々な味が入っている飴がいいな

 

あなたからのリクエストに頷きながら、

嬉々として、買い物に出掛けた私が選んだのは、

スポーツドリンクと、

数種類の味が楽しめるフルーツ味のキャンディ。

 

まずは、スポーツドリンクを一口飲んだあなた。

 

久し振りの味は、どうですか?

 

看護師さんの、こんな言葉に、

あの時のあなたは、ただただ、嬉しそうに笑ったのでした。

 

そうして、キャンディをひとつ、口に入れると、

もっと嬉しそうな顔をしたあなた。

 

あの時のあなたったら、

続けてもうひとつ、キャンディを口に入れたかと思えば、

何故だか、こっそりと、

更に幾つかのキャンディを、手に握り締めましたね。

 

ねぇ、そんなに欲張らなくても、誰も取らないよ

これ、全部あなたのだよ

 

私の言葉に、

しっかりと手に握り締めたキャンディを、袋へと戻しながら、

悪戯が見つかった子供みたいな顔をしていたあなたの顔が、

なんだか、とても可笑しくて可愛かった。

 

あなたがすること、ひとつひとつが、

可笑しくて、愛おしかったあの時間は、

これから、快方へと向かい、

またあなたと家族3人で暮らすことが出来るのだと、

信じて疑わなかった頃の、とても幸せな記憶です。

 

昨日は、メロンの香りだったから、今日はイチゴの香りね

 

毎日、同じにならないように、お線香の香りを選びながら、

あの日のあなたの声を思い出します。

 

色々な味が入っている飴がいいな って。

 

あの日は、あなたが入院してから、初めて、一緒に笑いましたね。

 

幸せに満ちたあの時間は、

今、思えば、ほんの僅かな時間でした。

 

でも、あの頃の私たちは、

幸せで、いっぱいでしたね。

 

 

www.emiblog8.com