拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

名前を呼ばれること

あなたへ

 

あなたの夢を見ました。

 

あなたのその姿は、見えないままだったけれど、

いつの間にか、あなたの気配だけが隣にいてね、

あの頃の続きのように、あなたと話をする夢でした。

 

他愛もない会話の中、

あなたは、当たり前に、私の名前を呼んだの。

 

夢の中の私は、

あなたに名前を呼ばれたことが、

なんだか、とても嬉しくて、

胸の奥が擽ったい気持ちのまま、

あなたとの時間を過ごしました。

 

あなたを見送り、これまで、何度も、

夢の中で、あなたと時間を過ごして来たけれど、

名前を呼ばれたのは、

今回が、まだ2回目であることに気が付いたのは、

夢から醒めてから、暫くが経ってからでした。

 

夢の中、あなたに名前を呼ばれた感覚を、

何度も思い出しては、

胸の奥が、擽ったい気持ちになります。

 

それは、なんだか、とてもね、幸せな気持ちなの。

 

あなたが側にいてくれた頃は、

あなたが私の名前を呼ぶことは、とても当たり前で、

それが、幸せかどうかなんて、考えたこともありませんでした。

 

愛する人に名前を呼ばれるのって、

こんなに嬉しいんだね。

 

 

www.emiblog8.com