拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -カウントダウン-

7

6

5

4

3

2

1

0

 

これは誰にも話したことのない

8月8日で止まるカウントダウン

 

私の中に

このカウンターが設置されたのは

彼が亡くなった翌年のことだった

 

カウントダウンが始まると

私にまとわりつく夏の暑さに

息が出来なくなるような苦しさを覚える

 

目の前で心臓が止まりかけた彼に

何も出来ないまま

泣きながら

ただ彼の名前を呼び続けるしかなかったこと

 

彼が息を引き取った日のことや

彼が息を引き取ってからの

自分が生きているのか死んでいるのか

よく分からない時間を過ごしたこと

 

私の中に

勝手に設置されてしまったカウンターの音は

ご丁寧に

この人生の中で一番辛かった

あの頃の時間を

鮮明に思い出させてくれる

 

今年も8月に入ると

例外なく

カウントダウンが始まった

 

1日に一度

カチッという音と共に

ひとつ数字が減っていく

 

手を触れることが出来ないカウンターを

止める術が見つからず

今年もまた諦めて

カウントダウンを受け入れた

 

8月8日になると

カウンターは0を表示し

カウントダウンが止まった

 

辺りを見渡しながら

この瞳に映るものが

鮮明であることを確認する

 

今年も

泣き叫びたくなるような衝動を

堪えることが出来た

 

今年もまた 私の勝ちだ

 

来年の私も

再来年の私も

きっとその先もずっと

私はこのカウンターの音と

戦い続けることになるのだと思う

 

それでも

私はこの先もずっと

平然とした顔で

夏が好きだと言い続けるのだろう

 

特に彼と出会った8月が好きだと

 

このカウントダウンになど

負ける気はしないと

胸を張って言っておく

 

私が好きな夏に

彼は此処からいなくなってしまったけれど

 

私が好きな夏に

彼と出会ったのだから