拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

空に描かれた手紙

あなたへ

 

あなたから、あの子へ宛てた手紙を見返していました。

これは、あの子の部屋の大掃除で見つけた、いつかの幸せのカケラ。

 

何度読み返しても、やはり、

いつ、どんな時の手紙であったのか、思い出せないままに、

この文字に込められた、あなたの想いをみつめていました。

 

平仮名が多いのは、きっと、

多くの漢字を知らなかったあの子が読めるように。

 

あなたが早い時間に帰って来ると、とても喜んで、

玄関まで迎えに行っていた、

幼かった頃のあの子の姿が目に浮かびました。

 

私は、あなたからの手紙を貰ったことは一度もなかったけれど、

あの頃の私たちには、それは必要なかったね。

 

だって、私には、

幼かったあの子が眠った後に帰って来たあなたと2人で過ごす時間が、

たくさんあったもの。

 

自分の中に、あなたがいるのだと話してくれたあの子と、

何処か遠い場所にあなたがいると考える私。

 

今、あなたからの手紙が必要なのは、

私の方なのかも知れません。

 

見上げた空に、とても大きなハート型の雲を見つけたのは、

昨年のことでした。

 

あの日のことは、今でも、よく覚えています。

 

散歩に行きたい気持ちはあるけれど、ちょっと疲れていて、

どうしようかな

そんな気持ちでいたのに、体が勝手に、公園に向かっていた。

そんな不思議な日でした。

 

ゆっくりと、公園を散歩しながら、見上げた空に見つけたのは、

とても大きなハート型の雲。

 

その大きさに驚きながら、立ち止まると、

穏やかな風に乗って、ゆっくりと、形を変えていったのでした。

 

それは、なんだか、

私がその雲をみつけるのを確認してから、

形を変えていったようにも見えました。

 

もしも、あの時間に、あの場所で、空を見上げなければ、

あの大きなハート型の雲をみつけることはなかったのでしょう。

 

もしも、あの時間に、別な方向を見ていたら、

全く別の空を眺めながら、

あなたを想う日になっていたのでしょう。

 

今日は、これを見るために来たのかな

 

あの時の私は、何故だか、ふと、

そんなふうに考えたのでした。

 

あれは、昨年の9月。

あなたの月命日の日の出来事でした。

 

あなたの月命日には、泣いてしまうこともあるけれど、

思い悩んでいたことが、急に、大したことではないように思えたり、

新たな発見が出来たりと、時々、不思議なことが起こります。

 

あの頃の私には、悩みがありました。

 

それなのに、あの大きなハート型の雲を見上げながら、

何故だか、

大丈夫だって、そんなふうに思えたのでした。

 

あの日、私が見た、大きなハート型の雲は、

そちら側のあなたからの手紙だったのでしょうか。

 

あの日の写真を眺めながら、

空に大きなハート型を描くあなたの姿が目に浮かびました。

 

これでどうだと言わんばかりの大きなハート型の雲には、きっと、

大丈夫だよって、書いてあったんだね。

 

ねぇ、あなた。

またいつか、あんなふうに、

空からの手紙を、送ってくださいね。

 

 

www.emiblog8.com

 

www.emiblog8.com

 

 

www.emiblog8.com