拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

秋の肌寒さに

あなたへ

 

寝起きの肌寒さに、思わず、長袖の上着を羽織ったのは、

今朝のことでした。

 

ここ数日のこちらでは、朝晩の肌寒い空気に、

より一層、秋の深まりが感じられるようになりました。

 

つい最近までは、

エアコンがなくては眠ることが出来ませんでしたが、

ここ数日は、毛布の出番です。

 

寝苦しさから解放され、ほっと一息を吐きながらも、

私が今、心配しているのは、あの子のことです。

 

いつの頃からか、夏になると、裸族へと化するようになったあの子。

 

帰宅すると、ものの数秒ほどで、裸族へと変身するあの子は、

帰宅後から、次の日の朝、出掛けるまで、ずっと裸族です。

 

これは、あなたの血を引く者の習性なのでしょうか。

 

そろそろ、寒くなって来たから、

パジャマを着て寝ないと風邪を引くよ

 

あの子にこんな話をしたのは、昨日のことでしたが、

今朝、あの子を起こしに部屋を覗いてみれば、

裸族が毛布に包まって眠っていたのです。

 

もしも、あなたが此処にいてくれたのなら、

私は、毎年、裸族へと化した2人に囲まれて、

夏を過ごしていたのでしょう。

 

肌寒さを感じるこの時期には、

寝る時はパジャマを着てねって、声を掛ければ、

分かった

分かったと、2人分の空返事が聞こえたのでしょうか。

 

今日は、朝から、あの子が毛布に包まる姿を眺めながら、

そんな2人が目に浮かび、思わず、笑ってしまいました。

 

今朝のあの子は、体調を崩すこともなく、元気に起きてきましたが、

そろそろ季節も変わります。

 

体調を崩す前に、今年の裸族は、

終わりにして欲しいと願うばかりです。

 

夕方に、耳を済ませてみれば、秋の音が聞こえてきました。

 

肌寒さを感じながら帰宅した私は、

久しぶりに、ホットコーヒーを淹れました。

 

あなたへのお供えも、今日から、ホットコーヒーに。

 

温かな湯気に乗って、コーヒーの香りは、

あなたのところまで、届いたでしょうか。

 

 

 

 

 1ページ目はこちらより↓

拝啓、空の彼方のあなたへ - 拝啓、空の彼方のあなたへ