拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

KANATA 5

翌朝は、いつもよりも早くに目が覚めた。
昨日のことを思い出す。
あれは夢だったのだろうか。
彼の、また明日の声が鮮明に蘇る。


「夢・・・だったの?」


慌てて飛び起きて、携帯電話の画面を確認してみると、

やはり、ロックを解除した右下には、【KANATA】のアプリが入っている。
アプリの右上に1の数字がついている。
アプリをタップしてみれば、メッセージが表示された。


『今夜、8時に話そう』


これは、彼からのメッセージだ。
あれは、夢ではなかったのだ。
何処か遠い場所にいる彼が、私にメッセージを送ってくれた。


「あなた・・・」


胸の奥が、ほんの少し擽ったくて、

なんだかニヤけてしまうような、
こんな気持ちを、なんて言うんだったかな。


彼と出会ったばかりの頃と同じ感覚を思い出した私は、

携帯電話を抱き締めずにはいられなかった。

 


『これはね、こっちで開発されたアプリなの。
そっちに、有能な人がたくさんいるように、

こっちにも有能な人がたくさんいるんだよ。

このアプリのプロジェクトチームが出来たのは、

最近のことなんだけれど、

流石、有能な人は、やることが早いよ。

天才って、何処にいても天才なんだよ。』


彼の話に頷きながら、

こちらの世界を去った、著名人の顔を思い浮かべてみた。


「じゃぁ、そっち側でも、会社があるの?」


『いや、会社とは違うけれど、

まぁ、そっちで言うところの会社と思ってくれてもいいかな。
でもね、こっちの世界では、

働かされている、なんて人は、1人もいないんだ。

彼らは、研究が好きでやっているの。
ここでは、なんでも好きなことが出来るんだよ。
研究を手伝う周りの人たちもまた、

やらされているんじゃなくて、やりたいからやっている。
こっちは、そういうところだよ。』


彼がこの世を去ってから、私が見た彼の夢の数々を思い出していた。


いつだったか、彼は、私を向こう側の世界へ連れて行ってくれて、
案内してくれた夢を見たことがあった。


ここでは、なんでも好きなことが出来るんだよ


あの夢の中と同じ言葉を反芻する。
あの夢の中の彼は、きっと、本物の彼だったのだろう。


いつかの夢の中でのことを思い出していた私の耳に、彼の声が届いた。

『ねぇ、聞いてる?』


「あっ、うん。あなたは、そのプロジェクトに参加してるの?」


『俺は、被験者として、応募したら、採用された。
正確には、俺たちが被験者だけどね。
プロジェクトに参加してるのとは、少し違うかな。
SR8が、俺たちの被験者ナンバーだよ。
ほら、このアプリのメニュー画面左上に、小さく、SR8って書いてあるだろ?』


「うーん。確かに、何か文字が書いてあるような・・・」


画面から離れたり、近付いたりしてみたけれど、

その小さな文字は、よく見えなかった。


若い頃のように、

小さな文字が見えなくなってしまったことに気付かれたくなくて、

非常にゆっくりと、

画面の向こう側からは、

静止しているように見えるだろう感じで動いてみたけれど、

彼の楽しそうな笑い声が聞こえた。


『隠さなくてもいいよ。小さい文字、見えないんでしょ?』


あまりにも楽しそうに笑う彼に、なんだか悔しかったけど、

とても楽しくて、彼と一緒に笑った。


「だって・・・仕方ないでしょ!私、もう、おばあちゃんなのよ!!」