拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

KANATA 6

『・・・うん。長い間、ひとりにして、悪かった。』


「え?急に、どうしたの?」


一緒に笑っていた彼は、急に真面目な顔をして、
本当は、ずっと一緒にいたかったことや、
この世を去らなければならない理由があったことを話してくれた。


『俺は、どう頑張っても、あの日が、最後の日だったんだ。
なんて説明したらいいか分からないけれど、

お前が知ってる言葉で言うなら、運命だった。
でも、ありがとう。

あの子を立派に育ててくれたんだね。』


彼が亡くなってから、
自分が生きているのか、死んでいるのか、

分からない日々を過ごしたこともあった。


これまでのことを振り返りながら、

なんだか、涙が止まらないままに、私は、首を横に振った。


「ううん。あの子はね、私が育てたんじゃないと思う。
自分で、頑張ったんだよ。
私なんて、助けてもらってばかりだったもの。」


『そうか?俺は、違うと思うよ。
ちゃんと、俺の分まで、あの子と向き合ってくれたこと、俺は知ってるよ。』


そう言って、優しく微笑んでくれた。


あの子と過ごした時間、どんな時間だった?
話して聞かせてよ。


こんな彼の言葉から、

連日に渡り、私は、あの子の成長についてを話して聞かせた。


時には、手帳を見返しながら、

時には、写真を見せながら、

小さなことまでを、話して聞かせると、
彼は、笑ったり、真剣に頷いたり、

時には、画面から出てくるのではないかと思うほどに、身を乗り出してみたり。


あの子の話を聞いている彼の顔は、どの顔も、

あの頃、あの子に向けていた、愛おしそうな顔だった。


彼が、よく知っている12歳の頃のあの子の話から、
立派に彼の年齢を遥かに超えた、最近のことまでを話し終えるまでに、

何日もの時間が必要だった。


「ねぇ、あなた。あの子にも、知らせていい?このアプリのこと。

きっとね、とても喜ぶと思うの。
あの子だってきっと、あなたに話したいことが、たくさんあるはずよ。
大人になったあの子を、あなたにも見てほしいの。
あの子、先日、おじいちゃんになったよのよ。」


きっと、喜んでくれるはずだと思ったけれど、

私の言葉に、彼は、難しい顔をした。


『逢いたいけれど、このアプリは、まだ試作段階だから、

被験者としか、接触出来ないんだ。
でも、あの子なら大丈夫。
俺が側にいることを、ちゃんと分かってる。
前を向いて歩んでいるあの子のことは、そっとしておこう。』


こんな彼の言葉に頷いたところで、

今日の分の彼と話せる時間の終わりが来てしまった。


『そろそろ時間だね。また明日にしよう。』


「うん。また明日ね。あなた、愛してる。」


『うん。俺も、愛してるよ。』


このアプリで通話出来る時間は、
1日あたり、2時間までと決まっている。


彼曰く、右下に小さく、

その日の通話残り時間が出ているらしい。


もう少し、大きくカウンターを表示した方がいいんじゃないかしらね。